Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Sponsored links
きれいなお口のお手伝いいたします
何でもご相談ください
カウンター
ブログパーツUL5
コビトニュース
クイズで遊んでみませんか
占い

-無料占い-
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
安倍橋下

安倍さんも橋下さんの大阪維新の会と同調するそうだ。誰もが今勢いのある橋下さんに寄って行っているいま、安倍さんまでもそう行ったかと残念でもあるが、期待もある。そうするのならもちろん自民党の枠を抜け出す必要があると思うが、いかがか。
政界再編が行われることが望まれる。旧態依然とした政治家排出機構を一新して、真の志を持つものを政治家として国会に送り込む。政治屋じゃなくて。
そうなればいいのだけれど。
安倍さんも、ただ票を持っている人間に同調して寄っていただけ。とはならないことを望む。安倍さんだから大丈夫だろうなと思いつつ。 
posted by: unpatarou | 宣ふ | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
真っ当な世の中に

上告審で上告が棄却された。
この判決で被害者の方と遺族の方が報われるわけではないだろうが、少しは落ち着かれることだろうと思う。そして日本の社会も、正当な判断ができる司法だと安心したのではないか。

長かった。 
posted by: unpatarou | 宣ふ | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
被災地訪問の懸念

陛下が今週末に冠動脈のバイパス手術をされるとのこと。成功率はホボ100%らしいので、心配することは二のだろう。しかしご高齢のお体に今までの沢山の公務の疲労の蓄積があるのだろうと危惧する。摂政制度も考えるべきかもしれないぞ。
このニュースの映像の中でも出てくるのだが、両陛下が被災地をご訪問されている姿。以前から気になっていた。陛下は国民の目線になろうと膝を付き目線を同じにされている。写真の方は正座されているからまだいいだろうが、これを胡坐のまま膝をついた陛下を目の前に話している輩が居た。完全に消去されたらしいが、愚体を言った奴もいたそうだ。
時代がちょっと違えば陛下が来ると言うだけで、その場は直立不動で目を合わせることもなく迎えていたはずだ。それを今の時代に求めるわけではないが、今でさえこの光景には違和感がある。
国民にとって皇族の在り方をもう少し考えることが必要なのではないだろうか。 
posted by: unpatarou | 宣ふ | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
車 くるま クルマ

 自論だが、車は趣味の物であってほしいと思っている。またその度合いが高ければ景気もいい。国は豊かであるのではないかと。
自家用車となるとそればかりは言えないのかもしれない。所有する台数も限定され、その中で趣味性を追い求めることは難しくなる。子供がいる家庭で2シーター一台ってことはないだろう。だけど今のファミリーカー全盛には少しテンション下がってしまうのだ。もっと情熱をもって車を愛してほしいし、お金もかけてほしい。車のアノ独特な空間は、持ち主の個性もセンスも性格すらもあらわしてくれるものだと思う。スピードに特化した車や、格好がいい車。大きさに特化した車。小さいけど小気味いいやつまでいるじゃないか。
長々と書いたが、妻が車を欲しがっているのだ。ウチの場合、デッカイ四駆があるだけでちょっとしたお買いものに行くにも、ガソリンまきちらさんばかりの燃費の悪さで図体のデカい車を取回さなければならんのだ。小さい車が欲しくなるのも仕方がない。
そこで選ばれるのが何かだ。趣味性の高い車を欲しいのだが、自分の第一候補は上記の物。しかしこれはとある方が既にお持ちである。妻の第一候補はシトロエンのDS3。でも周りからはVitzやFITなど国産車を強く薦められる。
小型車になれば趣味性を重視すると外車になるのだろうか。
posted by: unpatarou | 家族 | 10:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
日本がもう一度

株がちょっとだけ上がっているようだ。日本の景気も少し上向きになればと期待するのだ。
ホントいい加減にこの不景気から脱却しないものだろうか。
何か莫大な油田が出るとか?無いな
メタンハイドレートに期待するか。
いや、徳川埋蔵金やら豊臣家の埋蔵金やら。

戦争で日本がすべて失った後、20年ほどで全体未聞の好景気を迎えた。一概に団塊の世代の方々の頑張りに尽きると思う。
バブルが崩壊して約20年だ。もうそろそろ景気が上向かなくてはいけない頃なのだがな。
戦後はすべて失ったのではなく、日本人の努力する志は残ってたのだな。実はバブルでソレすらもなくしてしまったのかもしれない。

ってことはずっと不景気のママなのか。そうは思いたくない。
日本が再び立ち上がる日を信じている。 
posted by: unpatarou | 宣ふ | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
踏切待ち

一昨日子供を連れて歩いていたところ、踏切がけたたましく鳴った。バーが降り人が止まる。我々もその後ろに立ち止った。ちょうどそこで交通整理をしているボランティアのおじさんと、その方に話かけている見るからに暇そうな威勢のいい爺さんが、我々を歩道にはさみ話をしていた。踏切の音にも負けない大きな声で。彼らは私がその場に来る前から話をしていたようだが、ボランティアのおじさんは明らかにメンドクサソウに対応していた。
時給がどうのこうの。消費税が上がるだのどうの。
「消費税が上がるとバイ。野田が上げるって言いよった。」
彼を自分の手下のような話口調だ。
「あいつは法律にすっとやろ。」
消費税を上げるのなら当然だ。
「法律やけん守らんばね。平成の何年かまでには上げるらしかけん、そいまではヨカばってん。」
実に内容のない、不確定で面白くない話を、歩道に何人も挟んでいるにもかかわらず、その爺は話よった。ボランティアらしき人の今の時給もいくらだとか、それは安かとかまでも。
踏切が上がって渡ったとき、不愉快な時間から解放された思いを非常に強く感じた。 
民主主義の原点さえも疑問を感じる時間を少しの間過ごしたのだった。
posted by: unpatarou | 宣ふ | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日は焼き肉

今日で今年の忘年会がやっと終わる。今日まで頑張れば、一段落できるぞ。
今年はよく続いた。連続6日を含めて、今月は18回の飲み会だった。
よく頑張った。よく耐えた。ワインの相性も、焼酎の飲み方も、ウイスキーの濃さも知った月だった。
しじみの味噌汁が五臓六腑に染み渡る季節だったね。 
posted by: unpatarou | 美味いもん | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
この店でも年に3回のラッキー

忘年会。前菜喰って、

伊勢海老、

焼けるまでボルシチ喰って、

焼けた伊勢海老喰って、

この店でも年に3回しか入らないいい肉をヒレも添えて、

刺身でも喰って、そのうちにワインが2本空いたので、そのあとは写真も記憶も笑に変わった。 
posted by: unpatarou | 美味いもん | 11:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
まれ

地球に生きる生物は、そのすべてが自我を持たないものであると思う。人間以外だ。人間以外の生物は、他のために生き、他のために死ぬ。ただ唯一許されているのは、自分の遺伝子を残すことだけにその意思を与えられている。
川で産卵する鮭の姿を見れば、雌の産卵に群がる雄の必死さは、その象徴的な光景であると思うのだ。遺伝子を残す以外に、その意思を持たず、そして他のために死をも受け入れる。
これが地球上の生命体の在り方だ。
しかし人間だけは、遺伝子を残すことよりも、自分がいかに快楽を得ながら生きるかに重きを置いている。だが、それだけではとうに滅亡しているだろう。人間にはそれを己でストップさせるための理性を合わせて持っているわけだ。理性で自己のみの快楽を得ることを抑え、人間らしく生きているのだ。地球上にまだ存在できている理由なのかもしれない。
快楽を得たいというその欲望が先に出れば、欲の強い人間になる。
理性が強い人間だと、他のために生きるという地球上の生命本来の生き方ができる訳だ。人間だけが理性を持たないと地球に生きることは難しいのだ。他の生命は簡単にできていること、それは人間は理性を持たなくてはできないのだ。
同じ人間で地球上に同じ時期に生きていた。その人間でとてもまれな生き方をした人間が死んだ。今後彼のように生きていける人間がいるのかどうかすら疑問である。 
posted by: unpatarou | 宣ふ | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
史上最高に脂がのった

今の鯛は近海の小型の方が美味いそうだ。で、釣って喰らった。確かにそうだった。
美味い。脂ものってる。
一緒に釣ったデカいゴマアラとメッキは史上最高に脂がのっていて、すごかった。ゴマアラはさばいているときまるでラードを切っているかのよう。切り身は虹色に光り、しゃぶしゃぶしても虹のようだった。メッキはゴン鯵の脂がのった美味いものから、アジ特有の臭みがなくなったよう。いずれも美味かった。 

鍋はゴマアラとアオナと鯛のアラ。
posted by: unpatarou | 美味いもん | 10:51 | comments(2) | trackbacks(0) |