Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
きれいなお口のお手伝いいたします
何でもご相談ください
カウンター
ブログパーツUL5
コビトニュース
クイズで遊んでみませんか
占い

-無料占い-
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
TPP

歯科の年間予算は約2.5兆円だ。それを全国の歯科医師数10万人で割ると、一人当たり2,500万円となる。
これじゃ到底やっていけない。従業員の給与や、施設完備、材料代、歯科技工代などがかかる。そして何より、開業時の借入金返済は所得の中から払われる。
当然暮らしていけないのだ。
よって歯科界の中でその予算を取り合いをする。取れないものはつぶれていく。人以上に2倍も3倍もないと通常の状態になならない。

これじゃいい歯科医療を国民に提供できるわけがない。
TPP、本来の目的はアメリカが日本の医療と保険の市場を狙ったものだと聞く。大丈夫か。 
posted by: unpatarou | | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラクトフェリン

最近、ダイエットで注目されているラクトフェリンだが、腸内での脂肪を吸収し難くなるということで楽にやせられると注目されている。飲もうか。勧められた。
この効果はダイエットだけではない。

貧血症状の軽減効果
ラクトフェリンには最初に説明したとおり、鉄分と結合する性質を持っており、鉄の吸収を高めて貧血を防ぐ効果・効能があります。

免疫力向上効果
ラクトフェリンは免疫細胞を活性化させ、人間が本来持つ免疫力を向上する働きがあります。体調を壊しやすい方にその効果・効能を発揮するでしょう。

胃の調子を整える効果
ラクトフェリンには胃炎や胃潰瘍などの原因としてよく知られる「ピロリ菌」の繁殖を防ぐ効果があります。不幸にもピロリ菌のキャリアとなってしまっている方には、発症を防ぐ効能をもつ、おすすめの成分といえます。

内臓脂肪を減らし、ダイエットにも効果的
ラクトフェリンには内臓脂肪を減少させる働きがありますから、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の解消など、ダイエットにも大変効果的であるとされています。

がんやC型肝炎にも効果を発揮
ラクトフェリンは発がん性物質の発生を抑える働きがあり、恐ろしい肝臓がんや大腸がんの予防にも効果的。さらには、やはり深刻な病気である、C型肝炎の症状を緩和するという効果・効能も報告されています。

水虫、口内炎、ドライアイ、生理痛、骨粗しょう症、精神の沈静など多くの効果・効能
ラクトフェリンの持つ効果・効能はあまりにもたくさんありすぎて、全てを簡単に説明するのは難しいぐらいです。その他にも有名な効果・効能としては、水虫の緩和、粘膜保護の働きによる口内炎やドライアイへの効果、また、生理痛の軽減や、骨粗しょう症防止など、たくさんの効果・効能を持つ大変素晴らしいタンパク質です。

沢山の効果があるが、そもそもこのラクトフェリンは歯周病の研究から生まれたものだ。体内に菌がいることを拒み、今までの考えはその菌の撃退こそが治療とされていた。今はそうとは限らない。どうせ菌がいるのなら、人間に有益な菌にすればいい。例えば乳酸菌。口腔内に歯周病菌がいて、それを駆逐できないのなら、乳酸菌にすんでもらって、歯周病菌を減らす。そんなことが今は当然の考えとなった。

所詮人間は一人では生きられないのだから、そんな人生観にも似ている。
posted by: unpatarou | | 09:22 | comments(5) | trackbacks(4) |
むし歯の4つの要素

振り返れば、このブログで愚痴ばっかり言っていたので、これからは少し変革しようと思う。
歯科医師らしいこと。
むし歯にならん方法ってのは実は簡単。今まで上記のように3つの要素がむし歯の原因とされていた。最近はコレに時間と言う要素が加わり4つの要素とも言われる。
この4つの要素が重なったときにむし歯になるわけなので、1つでもなくせばいい。4つ全部の要素をとるってのは難しいが、1つなら簡単なのだ。
まず歯質。
これはフッ素など歯質を強化する薬剤を使えばいいわけだ。濃度や使用頻度はかかりつけの歯科医師に聞いてください。週一なら400ppm程度だろう。簡単だ。
次ぎに細菌。
これは歯みがきや歯間ブラシ、フロスなどのセルフケア。それと定期的な歯科受診によるPMTCなどのプロケア。簡単だ。
3つ目の食べ物。
これは、細菌の栄養となる甘いものを控えて、キシリトールなどの細菌のエサにならない代用甘味料を使えばいい。簡単だ。
そして4つ目の時間。
上記3つの要素があっても、むし歯を作る時間を経過することなく、口腔内から原因を取り除けばいい。歯みがきとぶくぶくうがい。一番簡単だ。

すべてをすることは無い。だが、人間完璧は無い。自分の技量を考えて、複数個することもいいと思う。ちなみに私は、細菌と時間の要素を主に気遣っている。 
posted by: unpatarou | | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
会長就任

私が会長になっていた。長崎市から送られてきた理事会の案内。私のところへ来た。
この4月で歯科医師会の執行部が変わったのだが、会長は私ではない。でも私の名前になっている。
どうやら間違って送られてきたようだ。市に確認の電話をすると、担当者からお詫びの電話と、“ついでに”この理事会に出席してほしいとの連絡だった。
仕方ないから出る方向で調整することにした。だが意味がわからない。 
posted by: unpatarou | | 12:02 | comments(3) | trackbacks(0) |
アスパラ食った日

お口いきいき支援事業。全国で長崎だけに下りた予算。かなりな額が長崎に下りている。昨年よりハードルが下がり、より簡便で身近なものとなった。そして申し込みも増え続けている。
昨年この説明会をしたが、もう一度やってくれとの声でまたやることになった。昨年との変更点を踏まえ、パワーポイントで説明する。資料作成から、壇上での言葉の選択。一歯科医師にはチと荷が重いものである。大挙して大講堂を埋め尽くす同業者の前で、これらの事をやるのは“酷”でもある。
何故私が。
そう言う気持ちをかなぐり捨てて、手のひらに「人」の字を書き飲み込んで、説明会をした。自由な言葉を話せるの出れば、楽しみもあるだろうが、事業の説明を、しかも考えることを停止した歯科医師連中に話を伝えるのは、避けて通りたいところであった。

がんばったよ。

打ち上げではアスパラの天麩羅をつまみに、酒をたしなんだ。26時過ぎ帰宅。楽しい一日だった。 
posted by: unpatarou | | 10:08 | comments(0) | - |
スペシャルセミナーin大阪

初釣りのお誘いも、お茶の毎年恒例の初釜も、歯科医師会の新年会もお断りして、大阪に行った。モチロン学会。そして新症例の研究と発表。生涯学習と謳う医療界の中で生きるには、自分が興味を持ったものを選択できる権利はいただきたいと思っている。今回の大阪紀行大変楽しかった。

右の彼は今年一年の守り神。歯を食いしばって睨みを利かせてくれている。

彼も大阪のまちを見下ろし、高いところが好きのようだ。彼の歯は離間気味だな。

にこやかに笑う彼は、とってもいい笑顔。大きな足にご利益がある。
彼も笑っていた。大阪は笑う人が多いので、とっても気持ちがいい。

みんな笑顔だ。

会場を移した。

朝早いお出迎えも笑顔。

彼は怒ると歯軋りがひどいらしい。ナイトガードが必要だな。TMJも管理する必要があるみたいだ。

小児はいつも元気だ。泣いても良いが、口さえあけてくれれば診療できるのだが。

子供たちは、こんなところに夜遅くまで出歩いてはいけない。

彼は上顎前歯部が癒合しているようだ。かなりレアなケースだ。

彼らも笑顔は良いが、上顎の前歯部が癒合している。この地域の歯科医師のレ充が下手なのか。

彼の歯は論外だ。体のために、もっと硬いもの喰っておかないと。きっと肉食だろう。
歯周病だな。血が出てる。

彼は歯が抜けても何度も生えてくるという特異体質だそうだ。

彼の咬合力は凄いだろうな。お疲れ様。

歯が柔らかかった。

歯にパイプが引っかかっている。珍しいケース。

彼の家に泊まった。

ホントはきちんと勉強もしてきました。9割方は家族サービスでしたが。
posted by: unpatarou | | 11:44 | comments(0) | - |
歯医者はドンdon出たらだめ

歯科界の医師過剰による過当競争で、それぞれの医院が特色を出しているのはいい。ウチではこんな治療もこんな風にていねいにしていますよなんてイイこっちゃ。その競争に負けないように勝ち組みであり続けたいと願うので、そんな努力は惜しまない。生涯学習、これは覚悟している。
だが、テレビで一番人気のある歯医者だとか、患者に支持されているとかで出てくる内容にロクなものがないことを周知したい。ロクでもないだけでなく、我田引水であり周りに害を及ぼしかねないものまである。昨日とある番組で「最新歯科治療」と称してやっていた。とかくこの手の番組で取り上げられる時は、どこぞの人気歯科医院の理事長だとか院長だとかがでてくる。そして自分の医院の得意分野をフューチャーした内容に終始し、偏った中身だと歯科医師会からおしかりを受けるのが常だ。今回はそれを考慮して大学の教授を持ってきた。チと期待して見ていたが、中身はサイテー。偏りまくりの中身。おそらくおしかりを受けている最中であろう。ひとつは司会の秀ちゃんも「神経取らなくていいんですね!」と、この治療自体が神経取る治療にもかかわらず、とらなくていいと誤解を受ける内容。そして何度も言っている彼の言葉を否定すらしなかった。神経取る治療の最新の方法として説明しているのに、神経を取らなくていいとは。。。最初の導入から伝わっていないことに気づかぬまま。そしてその内容も、けして最新でもなかった。老眼に苦しむ歯科医の一方法であるだけで、誤解が多すぎる。2つ目の内容はもっとひどかった。コンポジットレジンなんて最新でもなければ特別でもない。ドノ医院でもフツーにやっていること。テレビの前で実演までしていたが、何ともへたくそな手技。学者は臨床家でないことがはっきりと伝わった。30年も前からフツーにやっていること。3つ目は、とあるお水の話。これを研究したグループで、事あるごとにメディアに出続け、そして結局は分裂した一派だと聞いている。つまりお金もうけに走ったグループだとさ。同じような水を作る機械を6倍の価格差で売っているのだと。先日もとあるテレビで取り上げられ、大反響だったとか。ここでは無い本流の一派で6分の1の設備投資でこの水を手に入れられるようにウチでもいま検討中だ。その水自体はいいものだと思うが、実はこれも昔からあるやつ。ほぼ違いはない。
今頃こっぴどく怒られているに違いない。全国の歯科医から抗議の連絡がたくさんあろうことだろう。
もっと上手く説明したり、誤解なくプレゼンしたりすることができる人を選んでテレビに出してほしいものだ。その弊害で苦しむ歯科医がいるということを解っていない。
posted by: unpatarou | | 08:54 | comments(2) | - |
季節ガラ?

インプラントの需要が多くなった。この季節ガラか?今日から一時、木曜日はホボそのオペで埋まっているようだ。入れ歯にならなくて済む、隣の歯を削る必要がない、などとっても重宝なものだが、実はオペよりも検査の方が大変なのだ。慎重に判断し峻別し方向性を見極める。オペは手技の技術だけあればほとんど脳みそを使う必要はなく、その前の検査でかなりの労力を使う。
あと一時、続くのだな。。。釣りに行けそうにない。 
posted by: unpatarou | | 09:59 | comments(0) | - |
よ坊さん

歯科医師会は基本的に年功序列だ。収入に関しては個人経営なのでさまざまであるが、それ以外は年功序列が基本。入会年度はほぼ関係ない。ま〜歯科医師である前に日本人なのだから、人生の先輩に敬意を表すのは当然だと思う。ゆえにこれについては素直に受け入れられる。
だが、お互いを「○○先生」と呼び合うのは、それを実際に行っている身でありながら、なんとも違和感を覚える。 先生とはその道に先んじて生まれた人。指導的立場にある人を指す。つまり患者さんが医師を先生と呼ぶのは理解できる。だが歯科医師同士がお互いを呼び合う呼称にとは、違和感がある。ただこれは、実に使い勝手がいい。久しぶりに会う人で、名前を度忘れした人に「先生はどうですか?」とかなんとか、名前を呼ばないままに会話を進めることができる。結構重宝する“システム”なのだ。ゆえに承服しないまでも、その波にもまれてしまっている。

上のイラストは『よ防さん』というゆるキャラ。歯科医師会のマスコットだ。よ防さんは予防山で厳しい修行をするお坊さんであるそうな。ウチにもヌイグルミがある。
posted by: unpatarou | | 09:55 | comments(0) | - |
歯みがきは強し

歯みがきが癌の発生を抑えていると言うニュースが出た。 今携っている会務のことに関してだと誤嚥性肺炎であるとかも当然関連してくる。また、最近流行ってしまっている新型インフルエンザも歯みがきと関係している。これは新型である無しにかかわらず、インフルエンザは歯みがきで感染リスクを下げられるのだ。
ノイラミニダーゼというものがキーワードになる。これは簡単に言うとインフルエンザのウイルスを増殖する因子である。特効薬と謳われている『タミフル』はこれを阻害する薬剤である。ゆえに感染後48時間以内の投与が有効であるのだ。ウイルスが体内で増殖してしまうと効果は薄い。つまり体内にインフルエンザウイルスが進入してもノイラミニダーゼを阻害しておけばウイルスの増殖を防ぎ、感染することなく予防できるのだ。
歯みがきはこのノイラミニダーゼと大きく関係している。ノイラミニダーゼは口腔内に一番多く存在するらしく、歯みがきをすればその数は圧倒的に減る。つまり、歯みがきはタミフルと同じ効果があるのだ。
毎日の歯みがきを続けることは、様々な効果があり、今流行りのインフルエンザにも効果があるのだ。
これを聞いても歯みがきしないでおこうと言う人は少ないだろう。定期的に歯科医院に行き、口腔内を管理する事は、長寿の近道である事は間違いない。
posted by: unpatarou | | 09:25 | comments(0) | - |